パスポートカテゴリの記事一覧

子どものパスポート取得方法

子どものパスポートを取得するために・・・


1:一般旅券発給申請書 1通
 (国外のIC旅券作成機未設置公館で申請する場合は2通)


申請書はパスポート申請窓口で入手できます。

申請書は5年と10年有効なパスポート申請用の2種類に分けられていますが、

20歳未満は5年有効なパスポートしか申請できません!




2.:戸籍謄(抄)本 1通

申請日前6ヶ月以内に作成されたもの。



3.:住民票の写し1通
(住民基本台帳ネットワークシステムで確認可能な方については、
 原則不要。国外で申請する場合は不要)

本籍の記載が必要。

申請日前6ヶ月以内に作成されたもの。




4:写真 1葉(国外で申請する場合は2葉必要な場合があります)

写真撮影のために、
パスポート用の写真を撮ってくれるプロの写真屋さんを探しましょう。

価格もピンきりですので
なるべく安いところを探してみてください。

私が調べたところだと、
高いところで3000円、
安いところで大人と同じ900円でした。

赤ちゃんだからと、
ぼったくる写真屋さんもなきにしもあらずです。

無人のインスタント写真機はオススメしません。
なぜならば、撮り直しが1回しかできないからです。

プロの写真屋さんだと撮り方を心得ているので
赤ちゃんの写真も完璧!

目を閉じただの、
ぐらついただの、
母はパニックになりましたがさすがプロ!

ちゃんと綺麗に撮れているものを
パスポート用の写真にしてくれました。

自分で撮る方法もありますが、
背景を白にしなくちゃ、とか規制がいろいろあるので
これまたオススメしません。



5: 郵便はがき 日本郵政公社が発行する通常はがき1枚
  (国外で申請する場合は不要)

未使用のもの。
宛先として住民票の記載や
住民基本台帳ネットワークに登録されているとおりに
申請者の住所、氏名を記入。



6:申請者本人に間違いないことを確認できる書類

(有効な書類の原本に限ります)


子どもは運転免許証なんかを持っていないので
(持ってたら怖い)健康保険証と、
母子手帳を持参した覚えがあります。

ママかパパの健康保険証、
運転免許証も一応持参。印鑑も忘れずに!



以上の書類を全部そろえて、
住民登録をしている都道府県のパスポート申請窓口で申請。

申請から受領までに、
通常1週間程度(土・日・休日を除く)かかります。

未成年者(20歳未満の未婚者)が申請する場合
申請書裏面の「法定代理人署名」欄に親権者(父母又はそのいずれか一方)
又は後見人が必ず署名。


パスポートには、子どもはサインができないので、
子どもの名前を書き、母代筆と記入しました。